スタンドアップパドル(SUP)が体験できるおすすめスクール20選

スタンドアップパドル(SUP)が体験できるおすすめスクール20選

SUPを始めたいなと思ったら、まずは体験に行ってみたいところです。SUP(スタンドアップパドル)の体験ができるおすすめスクールを紹介します。関東から沖縄までおすすめの場所を全国に渡って紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。


スタンドアップパドル(SUP)は、カヌーのような、サーフィンのような、水の上を気持ちよくスイスイと進んで行く、新感覚のレジャースポーツです。海や川、湖など、水辺であればいろいろなところで利用できるので、アウトドア好きな人からも注目されています。

初心者でも簡単に始められるのも魅力のひとつではありますが、初心者の方はやはりまずはスクールに入ってみるのがオススメ。ボードやウエットスーツなども無料で借りられて、体ひとつで手軽にスタンドアップパドル(SUP)を始められるので、まずは全国のスクールをチェックしてみましょう。

スタンドアップパドル(SUP)の体験で行うこと

スタンドアップパドル(SUP)の体験スクールは、事前に電話やインターネットで申し込みが必要なスクールと、当日直接スクールに行くだけでOKなスクールがあります。いずれにせよ、当日はまずは受付からスタートします。

その後、まずはスタンドアップパドル(SUP)に使用する道具などの名前や使い方、装着方法などの説明を受けます。自己流で進めてしまうと持ち方や立ち位置などに癖がついてしまうことがあるので、ここでしっかり基本を頭にいれておきましょう。

道具を装着し、使い方のレクチャーを受けたら、いよいよ実際にスタンドアップパドル(SUP)を持って水へと出発します。体験教室は、スタンダードなクルージングを教えてくれるものや、SUPを使ったヨガを教えてくれるクラスなどがあり、それぞれの目的に応じてレクチャーが進んで行きます。

スタンドアップパドル(SUP)体験ができるおすすめスクール20選

では、実際にどんなところにスクールがあるのでしょうか。日本全国にあるスタンドアップパドル(SUP)スクールを厳選しました。季節によって遊ぶ場所を選んでみたり、キャンプや釣りなど、他のレジャーと一緒に楽しむこともできるのがスタンドアップパドル)(SUP)の醍醐味です。ご自身の目的にあわせて、スクールの場所などを選んでみましょう。

1. Cherokee(東京都江東区)

Cherokee(チェロキー)は江東区にあるスタンドアップパドル(SUP)のスクールです。東京都内に住んでいて、海や湖まで出るのは時間もかかるし、休日に大掛かりな計画をたてなければならないと、ついつい後回しにしてしまいがち。江戸川でSUP体験ができるので、思い立ったらすぐにチャレンジできるのが嬉しいですね。通年を通してスクールを受けるのが可能で、前日8時までの予約でOK。午前中スタートと午後スタートの回が選べます。

2. グランデックス奥多摩ベース(東京都西多摩郡)

東京から比較的近く、日帰りで大自然の中でのキャンプやアウトドアができるスポットとして人気なのが、奥多摩エリア。こちらの奥多摩湖でも、スタンドアップパソル(SUP)のスクールが開催されています。グランデックス奥多摩ベースのスクールは、ハイシーズンの4月から11月の期間ならいつでも体験できます。

駅から徒歩3分なので、電車で行く予定の人でも簡単にアクセスできるのも魅力です。所要時間は2時間程度です。所要時間は約3時間。午前中に2回、午後に2回スタートする回があります。前日15時までの予約で参加可能です。

ホームページ:http://www.gdexr.com/okutama/

3. 小笠原アウトリガーカヌークラブ(小笠原諸島「父島」)

ゆっくりと旅行の時間がとれるなら、東京からほど近いリゾート、小笠原まで足を伸ばしてみては?父島にある丘サワラアウトリガーカヌークラブでは、スタンドアップパドル(SUP)の半日体験が可能です。通年を通して開催されていて、6歳から参加できるので、ご家族での旅行の際にみんなで体験ツアーに参加してみるのも◎。また、スタンドアップパドル(SUP)に乗って日の出を見に行く体験などもあり、素敵な旅の思い出になりそうです。2日前の20時までの予約が必要です。

ホームページ:http://www.oocc.jp/

4. OCEANS(神奈川県逗子市)

湘南エリアでも湾になっていて海が比較的穏やかなポイントの、逗子。波がたちにくいので、ウィンドサーフィンのスポットとしても有名です。スタンドアップパドル(SUP)でぐんぐんと沖まででれば、江ノ島や富士山を見ながら遊べるのが最大の魅力!9:30からスタートの午前のコース、13:30からスタートの午後のコースがありますが、午後のコースに参加すれば、湘南の海に沈む感動的な夕日も見られるかもしれません。前日12時までの予約が必要です。

ホームページ:http://waters.cc/

5. セイルボーダーズ(神奈川県藤沢市片瀬海岸)

セイルボーダーズは、海水浴のメッカである片瀬海岸にあるSUPスクール。江ノ島への海水浴へのついでに、お友達と参加してみてはいかがでしょうか。完全少人数制なので、初心者の人でもわからないことは躊躇せずに質問できる環境です。予約も前日18時までで大丈夫なので、急に思い立った人でも予約可能。ただし、16歳以上対象なので、お子様との参加を考えている場合は年齢に要注意です。

ホームページ:http://www.sailboarders.jp/

6. TOMO's スタンドアップパドルボーディングスクール(神奈川県横須賀市)

横須賀にあるTOMO's スタンドアップパドルボーディングスクールでは、通年を通してSUPスクールが開講されています。少人数で丁寧に教えてくれるだけでなく、なんと60分の無料延長もしてくれます。思ったよりも楽しかったのでまだまだ乗っていたい!と思った人でも、たっぷりと遊ぶことができます。記念写真も撮ってくれるので、お友達やご家族での思い出作りにぴったりです。前日23時までの予約が必要です。

ホームページ:http://tomo-yamada.wixsite.com/be-water

7. セブンシーズ(神奈川県鎌倉市)

神奈川県、材木座海岸にあるセブンシーズは、駅まで徒歩2分の好立地です。特に女性の中には、海は潮のせいでベタベタするのが苦手…という人がいますが、そんな人にオススメなのがセブンシーズ。清潔感たっぷりのパウダールームはロッカーを始め、シャワーやトイレも完備されています。また、海側に設置されたテラスもあるので、思う存分にSUPで遊んだあとには、綺麗にメイクを直してからテラスでのんびり1杯、という楽しみ方も可能です。

ホームページ:http://www.7seas.jp/

8. MK SURF(千葉県富津市)

MK SURFは、千葉県木更津の富津海岸にあるサーフショップです。東京の都心から車で約一時間で富津海岸は海が穏やかで、潮干狩りや釣りのポイントとしても有名です。セルフィー機能付きのデジカメを無料で貸してくれる嬉しいサービスもあるので、お友達と数人で他のレジャーもわいわい楽しみたい人にオススメです。MK SURFでは、敷地内にはプールもあるので海からあがってからものんびりプライベート感に浸りながら優雅な時間を過ごすことができます。前日午前10時までの予約が必要です。

ホームページ:https://mksurf.com/

9. MALIBU POINT(千葉県勝浦市)

千葉県内の有数のサーフスポットでもある勝浦海岸は、水面からは珊瑚礁や魚も見える、とても透明度の高い海が自慢の海岸です。ゆったりと進んで行くSUPこそ、景観の良さや海の綺麗さにもこだわり、目で見える楽しみも贅沢に堪能したい、という方は、ぜひ一度訪れて見てください。4歳から参加できるので、小さいお子様がいても安心。2日前の20時までの予約で、午前に2回、午後に2回のクラスから時間を選択できます。ただし、午後の2回目である16時からのスクールは夏季シーズンのみ開催されています。

ホームページ:http://malibupoint.net/

10. 倶楽部FANATIC(千葉県千葉市美浜区)

倶楽部FANATICがある千葉県の稲毛海岸は、お天気の日には富士山やスカイツリーも望めます。そんな絶景スポットでSUPスクールを開講している倶楽部FANATICは、日本スタンドアップパドルボード協会公認のインストラクターがしっかり教えてくれるのが魅力です。基本講習を受けたら、ステップアップコースというのもあるので、一歩一歩確実に上達を目指せます。

ホームページ:http://clubfanatic.net/

11. Triton(千葉県千葉市美浜区)

同じく稲毛海浜公園にあるTritonでは、3月から11月の間、なんと3歳から参加できるSUPスクールが開講されています。レンタル用品一式も込みで4000円から。水着とタオルさえ持っていけば手軽にSUPが体験できます。砂浜で10分ほど丁寧なレクチャーを受けたら、約90分の海上レッスンがスタート。スクール中に撮ってもらった写真を無料でもらえるなどのサービスもあり、しっかり思い出を持ち帰れるのも嬉しいポイントです。

ホームページ:https://www.triton-windsurfing.com/

12. Develop SURF&SEA(鳥取県鳥取市)

鳥取県鳥取市にあるサーフショップDevelop SURF&SEAは、サーフィンスクールや、カヌー、カヤックなどのスクールも開催しています。抜群に透明度が高く、白砂浜が美しい浦富海岸で唯一のSUPスクール。洞窟やワイルドな岩場など、迫力のある景色の中で悠然とSUPを体験してみると、大自然からたっぷりとエネルギーがもらえます。浦富海岸は宮城県の松島にも似ていて、「山陰の松島」としても名高く、国の名勝指定も受けている美しい場所。鳥取への旅行の際には、ぜひ訪れてみてください。

ホームページ:http://develop-ss.com/

13. BAREFOOTSURF(宮城県仙台市宮城野区)

仙台港のインターチェンジからほど近い、BAREFOOTSURF(ベアフットサーフ)では、4月から11月の間、SUPスクールが開催されています。岩場が多いスポットなので、犬や亀に見える岩などの周りをクルージングして、自然の壮大さを体感しながら悠々と海の上をクルージングできます。レンタルのボードも幅広く用意されているので、好きな形や好きな色を選んでテンションもUP。仙台市内からのアクセスも良いので、SUP体験の後でもしっかり市内観光も可能です。前日10時までに予約が必要です。

ブログ:http://barefoot76.exblog.jp/

14. LANI seaplan(徳島県海部郡)

徳島県にあるLANI seaplanでのSUP体験教室は、海陽町の宍喰水床湾で行われています。室戸阿南海岸公園の中央付近に位置していて、ダイビングのスポットとしても有名な場所。リアス式海岸の美しい海岸線が特徴で、他では見られない景色の中、のんびりとクルージングを楽しむことができます。2歳以上から体験可能で、スクール中の写真を無料でもらえるので、小さいお子様がいるご家族の思い出の1ページとしてももってこい。英語を話せるインストラクターもいるので、海外からのお友達と一緒の体験も安心です。

ホームページ:https://kaorunumata.jimdo.com/

15. AIR STREAM(山梨県南都留郡山中湖村)

富士山が一望できる、富士五湖のひとつ山中湖でのSUP体験なら、AIR STREAMでのスクールはいかがでしょうか。5月から10月のハイシーズンの間、SUP体験のスクールが開催されています。中でも人気なのは90分のSUPスクールと、30分のバナナボートが体験できるセットプラン。お友達とアクティブにウォータースポーツを楽しみたい方は、ぜひチャレンジしてみて。また、1人500円でバーベキュー施設の利用も可能に。まさに至れり尽くせりのスクールですね。

ホームページ:http://airstream.la.coocan.jp/

16. 石垣島シュノーケルツアー(沖縄県石垣市)

白い砂浜に真っ青なビーチが美しい、国内で大人気のリゾート地である石垣島にあるSUPスクールです。ビギナー向けでありながら、絶景を見られる魅力的なツアーが夕暮れ&夜景ツアー。日が沈む直前の18:30にスタートし、約2時間のクルージングを行います。スクール開催場所の名蔵湾は波が静かな穏やかな海なので、まさにビギナーにはぴったりです。通年を通して実施しているツアーで、前日中に予約が必要です。対象年齢は18歳以上なので、小さいお子様がいる場合は参加できません。

ホームページ:http://ishigaki-snorkeling.com/

17. キャプテンリゾート(沖縄県中頭郡)

沖縄本島、那覇空港から約30分のところにあるスクールです(場所:西原きらきらビーチ)。さらに、1時間という短い時間で教えてくれるので、沖縄についてすぐでも、帰る直前でも、ふらっと立ち寄れるSUPスクールです。12歳までのお子様であれば、お父さんやお母さんのボードに同乗できるので、ご家族での沖縄旅行の素敵な思い出になるはずです。550mも続く広い砂浜と穏やかな海、それでいて人が少ないプライベート感満載の穴場的ビーチで始めてのSUPにチャレンジしてください。

ホームページ:http://www.captain-r.com/marinesport/sup

18. サーフサイドサービス ハイサイ(沖縄県中頭郡)

沖縄県中部、北谷町にあるサーフサイドサービスハイサイの特徴は、海を舞台にしたオーシャンクルーズと、川を舞台にしたマングローブクルーズの2種類のコースから選べること。沖縄の広い海を堪能するもよし、沖縄ならではの樹木の間の川をクルーズするもよし、もちろん2日間に渡ってどちらのコースも遊んでみたい!という希望もOK。最小人数1人から、通年通して開催されているので、前日夜20時までの予約で自分ひとりでもスクールを開催してもらえるのも安心です。

ホームページ:http://suy.jp/

19. SUP PORT(沖縄県糸満市)

沖縄糸満市にあるSUP PORTでのオススメコースは、6歳以上なら誰でも参加できる、無人島をまわるツアー。SUPの基本動作を丁寧に教えてもらい、一通りの動きに慣れたら近くの距離にある無人島を目指します。無人島は上陸することもできるので、無人島探索もできちゃう魅惑のツアー。2名以上の申し込みなら、すべて貸切でスクールが行われるので、お友達や家族との時間を誰にも邪魔されることなく楽しめます。

ホームページ:http://www2.hp-ez.com/hp/supportoki/

20. 沖縄プロデュース カマダ(沖縄県国頭郡恩納村)

沖縄恩納村にあるSUPスクール、沖縄プロデュースカマダは、せっかく沖縄にきたのだから海辺でのレジャーで遊び尽くしたいエネルギッシュな方にオススメ。SUPの乗り方を教わり、クルージングに出た先では今度はシュノーケリングで南国ならではの魚とともに泳ぐことができます。SUPはもちろん、カラフルな魚やサンゴ礁を間近で見られる贅沢なツアーです。

ホームページ:http://www.arakakikamada.com/

SUP体験時に必要なもの

初心者用のスタンドアップパドル(SUP)のスクールでは、ほとんどの場合レンタルで道具を借りることが可能です。レンタルを使用する場合には、基本的にはタオルと水着があればOK。

ただし、スクールを受けるにあたって保険証が必要だったり、身分証明書として免許証が必要だったりすることもあるので、事前に確認しておくと安心です。

レンタルを使用する場合でも、シューズに関してはレンタルに含んでいないスクールもあるので、こちらも確認を忘れずに。シューズの用意がないという場合には、マリンスポーツや磯遊び用のマリンシューズや底の薄いデッキシューズなどを用意すると良いでしょう。ビーチサンダルやゴム製のスリッパは安定感が悪かったり、足が抜けやすかったりするのであまりオススメできません。

SUP体験時におすすめのツアー内容と時間

初心者も初心者、とにかく人生で初めてSUPの体験をする、という人にオススメなのは、スタンダードなクルージングのツアーです。

スクールでの所要時間は、2時間から3時間というのが一般的。スクールによっては延長できたりすることもあるので、交渉してみましょう。

あらかじめSUPでやりたいことが決まっている場合には、最初からそのスクールを受けても良いでしょう。たとえば女性だと、クルージングよりもSUPヨガから始める方なども少なくありません。

また、最初にクルージングを受けるときにも、ゆくゆくはこうしたことをやってみたい、というイメージがあれば、ぜひ伝えてみてください。同じスクールで複数のコースを用意しているときもあれば、次回以降のために覚えておくと良いポイントなどを具体的に教えてもらうことができます。

SUP体験にかかる料金相場

スタンドアップパドル(SUP)の体験教室は、4000円から6000円ぐらいが相場です。立地や所要時間などによってもコストは変わります。費用にレンタル用品が含まれているスクールとそうでないスクールがあるので、事前に予約する際に、費用には何が含まれているのか、別途支払いが必要なものが何か発生するのか、など、不安なことはあらかじめきちんと確認してクリアにしておいてください。

まとめ

スタンドアップパドル(SUP)を始めて見たいと思っている方に向けて、全国のSUPスクールや、スクールに行くために必要なものなどをご紹介しました。誰でも無理なく楽しめるレジャーだからこそ、お友達や恋人、ご家族など、親しい人と一緒にチャレンジできるのがSUPの魅力です。一度体験してみれば、水の上をぐんぐん進むその気持ち良さの虜になってしまう人も少なくないはずです。

この記事のライター

関連するキーワード


SUP マリンスポーツ

関連する投稿


ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

マリンスポーツのときに着る「ウェットスーツ」。ウェットスーツは長袖、半袖、足部分ありなし、など様々な種類があります。どんなときにどんなウェットスーツがおすすめなのか、選び方もご紹介します。サイズや素材生地も選ぶときには大切です。ぜひ参考にしてください。


徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

ダイビングに必要なウェットスーツ。高価なものなので、目的に合った良い品質の商品を選びたいですよね。今回は、ダイビングウェットスーツの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介します。あなたのウェットスーツ選びに役立ててください。


スキューバダイビングライセンス資格の種類5つを徹底解説!違いや費用など

スキューバダイビングライセンス資格の種類5つを徹底解説!違いや費用など

人気の高いマリンスポーツといえば、スキューバダイビング。スキューバダイビングをするにはライセンス資格が必要ですが、いくつかの種類があります。資格の種類を違いや費用なども含めて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。


SUPの波乗り方法が分かる!初心者が乗れるようになるコツ5つ

SUPの波乗り方法が分かる!初心者が乗れるようになるコツ5つ

SUPをサーフィンのように楽しむこともできます。サーフィンと同じく、最初はなかなか思うように波に乗れない人も多いですが、練習すればだんだんと乗れるようになります。初心者が波乗りできるようになる方法とコツを説明していきます。


SUPのときにおすすめのライフジャケット16選

SUPのときにおすすめのライフジャケット16選

SUPをこれから始める人、始めたばかりの初心者の人が着用しておきたい装備の1つがライフジャケットです。海ではより安全を考えてライフジャケットを着るのが安心です。ではどんなライフジャケットがおすすめなのか紹介していきます。


最新の投稿


アウターの名前と種類一覧22選!メンズ・レディースまとめ[画像付き]

アウターの名前と種類一覧22選!メンズ・レディースまとめ[画像付き]

アウターには、コート・ブルゾン・ジャケット・ダウンジャケットなど様々な種類がありますよね。どんな名前と種類のものがあるのか確認して、あなたの服装をもっとおしゃれにするのに役立ててください。メンズ・レディースどちらでも使えるアイテムを紹介しています。


ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

マリンスポーツのときに着る「ウェットスーツ」。ウェットスーツは長袖、半袖、足部分ありなし、など様々な種類があります。どんなときにどんなウェットスーツがおすすめなのか、選び方もご紹介します。サイズや素材生地も選ぶときには大切です。ぜひ参考にしてください。


徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

ダイビングに必要なウェットスーツ。高価なものなので、目的に合った良い品質の商品を選びたいですよね。今回は、ダイビングウェットスーツの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介します。あなたのウェットスーツ選びに役立ててください。


万年筆の使い方・持ち方・書き方のコツ23個を徹底解説!

万年筆の使い方・持ち方・書き方のコツ23個を徹底解説!

「万年筆を買ったけど、まだ初心者でどう使えばいいのか分からない…」。そんな方に向けて、万年筆の使い方・持ち方・書き方・お手入れ方法などを詳しく解説します。万年筆を長く使いこなしていくためにぜひチェックしてみて下さい。


登山ブランドメーカーおすすめ人気ランキング57選!海外・日本・安いなど

登山ブランドメーカーおすすめ人気ランキング57選!海外・日本・安いなど

初めて登山をする方にとって、登山用品を集めるのにおすすめのブランドメーカーは知っておきたいですよね。この記事では人気の登山ブランドメーカーを紹介します。日本製から海外製、安い商品まで様々な種類がありますのでチェックしてみましょう。