レディースリュックの人気・おしゃれブランド20選!通勤・通学にも使える

レディースリュックの人気・おしゃれブランド20選!通勤・通学にも使える

両手のあくリュックは使いやすいですよね。でも「なかなかおしゃれなデザインのものは見つからない…」という方はこちらのレディースリュックのおすすめブランドをチェックしてみてください。おしゃれなのに通勤や通学にも使えて万能なものが見つかるはずです。


背負っているだけで両手が空き、重い荷物を運んでも腕や肩に負担がかかないことで、
若年層を中心に、 多くの人に重宝されているリュックサック。一言にリュックサックと言っても、通勤通学に使えるデイリーなものから、アウトドア用マザーズバッグ音とその用途やデザインはさまさまです。

今回は、普段から荷物の多い女性におすすめのレディースリュックの正しい選び方と現在日本国内で人気ブランドとなっているレディースリュックのおしゃれなおすすめブランド20選をご紹介いたします。

女性のリュックの選び方

それではまず、女性にとって正しいリュックの選び方には、どのようなポイントに気を付けるべきなのでしょうか?それぞれの用途別に以下にまとめています。

◯通勤用
通勤向けのリュックは、シンプルで、上質な、フォルムや機能性重視で選ぶようにしましょう。女性らしいエレガントさもどこかに加えたいものです。

◯通学用
通学用のリュックを選ぶポイントは、「A4サイズのノート」が必ず入ること、そして辞書など思い書籍が多い人は、耐久性を重視するようにしましょう。

◯スポーツ、アウトドア用
アウトドアスポーツにリュックは必須ですが、本格的なものはそこそこ予算も必要になりますので、タウン用と兼用で使えるハード過ぎないテイストのものが重宝します。

◯マザーズバック
オムツやミルク、ウエットティッシュなど、新人ママに相応しいリュックは、出来る限りリュック自体が軽量で、容量が大きく、収納ポケットがたくさんある物を選ぶことをお勧めします。

レディースリュックブランド20選

1. Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

バックのラグジュアリーブランドといえば、このルイヴィトンを思い浮かべない人は世界中どこを探してもいないのではないでしょうか。1854年、フランスで設立されたルイ・ヴィトン。その「LV」のモノグラム柄は、160年前のブランド創設時より長きにわたり同ブランドのシンボルとなっており、その普遍的な存在感は、21世紀の今もなお世界中の人に愛され続けています。

フランスラグジュアリーブランドといえば、誰しもエレガンス系のファッションを思い浮かべますが、ルイヴィトンがこれほどまでに多くの人に愛され続ける理由の一つは、「バックとしての機能性」を重視したデザイン展開です。

もちろんリュックも例外ではなく、近年リリースされた作品の 「パームスプリングシリーズ」は、 カジュアルにも、フォーマルにもマッチすることで、爆発的なブームを巻き起こしました。

2. PRADA(プラダ)

https://store.prada.com/ja/pradajp

かつての欧州セレブリティの概念では、バックは革製、というのが、当たり前の時代でしたが、その概念を真っ向から覆したのが、イタリア発祥のラグジュアリーブランド、プラダです。

1978年に創業者の孫娘であったミウッチャ・プラダが、「ポコノ」という軽くて強い工業用防水生地のナイロン素材を使って開発し、この機能性が現代女性の合理性にマッチしたことから、プラダのナイロンリュックは、瞬く間に全世界で大ヒットし、同ブランドを象徴モードとなりました。

また、それと同時に、プラダのブランド知名度も、一挙に知れ渡るようになったのです。高級ナイロン素材を使った、軽量でシンプルなプラダのナイロンリュックは、今もなお、年齢、性別を問わず、世界中の人々に愛され続けています。

3. COACH(コーチ)

https://japan.coach.com/top/CSfTop.jsp

1941年にニューヨークマンハッタンに、高級革製バッグの工房として創業したcoachコーチ。そんな同ブランドのコンセプトは、「アクセシブル・ラグジュアリー」。つまり、手の届く高級品で、世界中に知れ渡るバッグの一流ブランドでありながら、リーズナブルな価格設定をしていることで知られています。

素材の質を落とさず、エレガンスなテイストを保ちつつ、販売ターゲットを一般所得者層に合わせたことも、近年のブランドマーケティングにぴったりマッチしたこともその成功の理由の1つとなっています。

そして、coachコーチをさらに飛躍させたヒットラインと言えば、CCマークのロゴが象徴的なシグネチャーラインです。機能性とフェミニンさの両方が合わさった同ラインのリュックは、 特に日本市場をメインとしたアジア女性の心を鷲掴みにし、同ブランドの看板商品の一つとなっています。

4. Longchamp(ロンシャン)

https://jp.longchamp.com/

1948年に、フランスパリで創業されたバッグの老舗ブランド、Longchamp ロンシャン。一流のなめし革と高級ナイロン素材を組み合わせた独自のデザインやフォルムのバッグは、クラッチ・ハンド・リュックサック・折りたたみバッグなど、種類も豊富で、パリジェンヌのライフスタイルに合うように、機能性も加味して考案され、長きにわたりパリジェンヌの定番カジュアルバッグの象徴的な存在となっています。

そんな同ブランドのリュック、ル・プリアージュラインは、日本の折り紙から発想を得たことで知られており、背負っていることを忘れるほど軽量で、折りたたみをして持ち運ぶこともでき、 毎シーズン12色の展開を揃えており、フェミニンな日常着にぴったりマッチし、その高級感のあるフォルムから、日本では30代以上の大人の女性から特に熱い支持を得ています。

5. MARIMEKKO(マリメッコ)

http://www.marimekko.jp/

MARIMEKKOマリメッコ=バックブランド?のイメージが強い人もおられるかもしれませんが、同ブランドは、1951年に北欧フィンランドでテキスタイルファブリック(生地)の販売を開始したのが始まりで、「ウニッコ(Unikko)」という、 独特の花柄のデザインは、誰もが知るところです。そんなMARIMEKKOマリメッコの魅力は、定番の花柄をあしらわれたものだけでなく、シンプルな無地で機能性を重視したリュックが人気となっています。

その2大人気型が、「バディ」と「メトロ」で、背負った時に背中にぴったりしA4ノートもすっぽり入るのがバディで、やや小ぶりのフォルムでスカートにも合わせやすいのがメトロです。 学生さんの通学バッグとしても、カジュアルウェアの通勤スタイルがOKのOLさんなどを中心に、日本国内で人気リュックブランドの地位を確立しています。

6. MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)

https://www.marcjacobs.jp/

MARC JACOBS マーク ジェイコブスは、1986年に、米国ニューヨークでデザイナー、マークジェイコブス、彼の名をそのままブランド名にしたブランドです。MARC JACOBS マーク ジェイコブスは、1997年から2014年までルイ・ヴィトンの服飾部門のデザインを担当したことでもよく知られております。

そんなマークジェイコブスのリュック人気ラインといえば、「BIKERバイカー」。 2016年に惜しまれながら終了した、セカンドラインのMARC by MARC JACOBS マーク バイ マークジェイコブスを彷彿とさせる機能性と、シンプルなデザインが、 長きにわたり同ブランドの人気商品となっています。

また、MARC JACOBS マーク ジェイコブスのリュックは、\30,000前後と購入に踏み切り安い価格帯となっており、どんなコーディネイトにも合わせやすく、幅広い年代に親しまれています。

7. CATH IDSON(キャスキッドソン)

https://www.cathkidston.jp/top/CSfTop.jsp

CATH KIDSONキャスキッドソンは、1993年にイギリスのノッティングヒルに、ヴィンテージファブリックのお店としてオープンしたのが始まりです。ファブリックの専門店だったCATH KIDSONキャスキッドソンのファッション性が次第に認知され、 英国王室御用達ブランドとして、 瞬く間に世界中に店舗が広がりました。

同ブランドのヴィンテージ花柄やドット柄などの独特な柄物の世界観は、若年層向けからミドル世代層向けまで、多くの女性に親しまれています。

そんなCATH KIDSONキャスキッドソンは、もちろんリュックも人気アイテムの一つとなっており、リュックといえばカジュアル過ぎる、 ボーイズっぽくなり過ぎてしまうことで、使用を躊躇っている層をも取り囲むような、フェミニンで女性らしく、かつ機能性もバッチリのラインナップとなっています。

8. LESPOT SAC(レスポートサック)

http://www.lesportsacglobal.com/jp/

LESPORTSACレスポートサックと言えば、ちょっとした小旅行、海外旅行の機内持ち込み用のナイロンバッグの定番ブランドとして、日本でももはやその存在を知らない人はいないほど。

そんなLESPOT SAC レスポートサックは、1974年に、米国ニューヨークの発祥ブランドです。 丈夫で、何度でも洗えるナイロン素材を使い、 ニューヨークの都会らしい斬新なデザインと、超軽量で耐久性も優れたナイロンバッグは、当時では非常に斬新で、一挙にその人気に火がつきました。

LESPOT SAC レスポートサックのリュックは、もちろん同ブランドの看板商品のひとつで、多種類にわたるポップな柄やシンプルな無地などデザインの多様性に富み、ポケットや収納の多さなど、機能性もうまく調和し、その商品価値が人気され、現在では世界中に根強いファンを多く持つブランドにまで成長しました。

9. Samantha Thavasa(サマンサタバサ)

http://www.samantha.co.jp/

リュックはもちろん便利だから、使いたいのは山々だけど、どうもスポーティ過ぎたり、メンズっぽくなってしまったり、フェミニンな服装にはどうも合わないし... などとリュックの機能性自体は理解していても、いざ購入となると二の足を踏んでしまう方も少なくないのではないでしょうか。

そんなフェミニンファッション派の貴女におすすめのリュックが、Samantha Thavasaサマンサタバサです。「女の子が本当に欲しい可愛い!」を実現した商品展開をしている同ブランドは、1994年に渋谷のパルコに1号店を出店し、以降、タレントとのコラボレーションや、雑誌との共同企画などで、その人気の勢いが加速し、今では、女の子らしい可愛いブランドと言えば Samantha Thavasaサマンサタバサが一番に挙げられるほど、20代を中心としたファッションに敏感な女性たちの心を鷲掴みにしたコレクションを毎シーズン発表しています。

サマンサタバサのリュックは、女性らしいフォルムと、毎日のコーディネートを引き立たせてくれる、まるでワードローブの一部のようなラインナップとなっています。

10. SAZABY(サザビー)

https://sazaby.net/

サザビーは、大手ファッション企業のサザビーリーグがプロデュースする、日本のバックブランドの代表格と言われるブランドの1つです。 「自分らしさを失うことなく、自分らしさにさらなる魅力を加え、貴女の人生を運ぶ」をコンセプトに掲げ、 その卓越したクラフトマンシップで、創業から約45年もの間、常に時代に合ったバッグ作りを行ってきました。

そんなSAZABYサザビーブランドのリュックは、 まさに日本ブランドが日本人のために考えられたリュックです。一見してシンプルなデザインの中にも、ショルダーストラップや、開閉ジップ、全体のフォルムなど 細部にわたって日本ブランドらしい、「かゆいところに手が届いている」リュックラインと言えます。

11. OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)

https://www.outdoorproducts.jp/

スポーティーなカジュアルリュックと言えば、誰しも必ずその存在を思い浮かべるOUTDOOR アウトドアのリュック。1970年にアメリカのカリフォルニアで、創業者のアルトシュール兄弟が、「アウトドア好きを満足させる“アウトドア用品”はあっても、アウトドア好きを満足させる“普段使い”できる商品が市場にない」と隙間にヒントを得て、アウトドアに必要な身の回り品であるバックパック(リュック)、レインポンチョなどのオリジナル製品を作り始めたのが始まりです。

試行錯誤の末、彼らに開発され、今でも全世界にロングセラーとして利用されているのが、バックパックの「452U」です。2枚の生地パーツとYKKジッパーで構成しただけのシンプルな作りが、アウトドア好きだけでなく、全米の学生に愛用されたことから、すっかり日本でも学生さんの定番リュックとしてお馴染みのブランドになりました。

12. Patagonia(パタゴニア)

https://www.patagonia.jp/home/

Patagoniaパタゴニアは、1965年にアメリカのカリフォルニア州で設立された登山用品アウトドア用品のブランドです。

同ブランドのリュックは、登山アウトドアブランドにふさわしく、長時間肩に背負っていても疲れない心地が良さと、抜群の収納力という機能性はもちろん、その素材の耐久性にも定評があります。そして、もちろん卓越したデザイン性にも優れており、そのカラー展開の豊富さでどの色を選ぶか困ってしまうほどです。

登山アウトドアブランドということもあり、メンズのイメージが強いかもしれませんが、レディースもカリスマモデルの梨花さんを始め、芸能人のファッショニスタに愛用者が多く、マニッシュスタイルやデニムカジュアルのコーディネートなどにはぴったりのリュックブランドです。

13. urban out fitters(アーバンアウトフィッターズ)

https://www.urbanoutfitters.com/

urban out fittersアーバンアウトフィッターズは、アメリカ東部のフィラデルフィアが発祥のセレクトショップブランドです。 トレンドに敏感な若者のこれ欲しい!を、スピード感あふれるデザイニングがされた商品を次々と世に送り出しています。

同ブランドは、2018年の現在も、残念ながら未だ日本への上陸を果たされておらず、商品を手に入れるには、 旅行などで海外に行った際に直営店で手に入れるまたは、アーバンアウトフィッターズの米国本国のオンラインストアを利用し、個人輸入するなどの手段になります。

しかし、未だに日本に未上陸とは言え、urban out fittersアーバンアウトフィッターズのブランド情報は、日本のファッション誌などの影響もあり、海外ファッションに興味がある人たちの間では、既にかなりの認知度を得ています。

また、衣料品だけでなく、バッグのデザインも非常に斬新で洗練されてる商品展開をしていることで知られており、米国の若者にとって欠かせないリュックは、人気アイテムの1つとなっており、毎日のワードロープの一部に溶け込んでくれるような、お気に入りの一本が見つかるでしょう。

14. HERSHEL SUPPLY(ハーシェルサプライ)

http://zozo.jp/women-brand/herschel/

HERSHEL SUPPLYハーシェル サプライは、2010年に設立されたばかりのカナダ・バンクーバー発のバックブランドです。 雄大な大自然に恵まれているカナダは、アウトドアスポーツが盛んな国であることはよく知られており、バックパックの所持率は日本以上ですが、
HERSHEL SUPPLYハーシェルサプライは、アウトドア専門ブランドというわけではないため、 そのデザインテイストは、スポーティーさや、ボーイッシュさを前面に押し出すことなく、北米ブランドらしい洗練された色使いと小慣れた感が感じられます。

同ブランドの日本での展開は、これまでBEAMSビームスやURBAN RESERCHアーバンリサーチなどの有力セレクトショップで取り扱われたのみでしたが、いよいよ万を期して、この2018年5月に日本の渋谷に旗艦店がオープンしました。この渋谷の店舗を皮切りに、これから日本国内にも店舗が拡大していく事が予想され、ますます手に入りやすくなりますので、HERSHEL SUPPLYハーシェルサプライの今後の動向に要注目です。

15. PORTER(ポーター)

https://www.yoshidakaban.com/

PORTERポーターは、日本の老舗バッグメーカー、吉田カバンのバックブランドです。
同社は1935年に創業し、PORTERポーターブランドが立ち上がったのは1962年、 既に50年以上ひたすら同ブランドのバッグは続けられており、その時代を超えた普遍的な商品の魅力は、今もなお、多くのバッグ愛好家に親しまれています。

その理由の1つには、時代が変わってもMADE IN JAPANにこだわり続けており、その最高級の商品クオリティは、海外からも高く評価されています。メンズバッグのイメージが強いPORTERポーターですが、近年、PORTER GIRLポーターガールというレディースのバックラインをリリースし、 特にリュックは女性らしいフォルムと、色展開の多さで既に大人気アイテムとなっています。

16. JANSPORT(ジャンスポーツ)

http://jansport.co.jp/

JANSPORTジャンンスポーツは、米国シアトル発のアウトドアブランドです。バックパックの調整可能なアルミフレームを開発し、全米で好評を博した同ブランド。

「fun(楽しみ)とdiscovery(発見)を具現化する」という同ブランドのコンセプト通り、 使用者の立場に立った発想、アイデアを常に開発に盛り込み、思わず使ってみたくなるような、まさに持ってる人を楽しませてくれる開発者の人柄がにじみ出ているかのようなラインナップには定評があります。そのリーズナブルな価格帯と豊富なカラーバリエーションも人気の秘密の1つで、学生さんの通学用や、カジュアルウェアにぴったりのリュックです。

17. NIXON(ニクソン)

https://www.yts-store.com/nixon/

NIXONニクソンとは、1997年に米国西海岸で設立されたウォッチ&アクセサリーブランドです。 設立当初は時計専門ブランドでしたが、現在はバッグやアパレル商品全般に至るトータルファッションブランドに成長しました。

そのデザインテイストは、スケボー、サーフィン、スノーボードのいわゆる3S系の愛好家に好まれています。ただ、同ブランドは、スポーツラインに決して偏ることはなく、ビジネスシーンからストリートカジュアルまで幅広いことで知られています。

そんなNIXONニクソンのリュックは、メンズ色が色濃く出ていると思われがちですが、 近年、ディズニー社とのコラボレーション品であるミッキー ラインのバックパックは、そのポップな色使いと可愛いデザイン性で多くの女性ファンを取り囲むことに成功しました。

18. THE EMPOLIUM(ジ・エンポリウム)

http://world-sp.co.jp/brands/the-emporium/

THE EMPOLIUMジ・エンポリウムは、アパレル大手企業ワールドのプロデュースブランドです。 そんな同ブランドのコンセプトは、『ナチュラルで温もりのある店内で、「市場」のようにお気に入りのモノを探しだす楽しみがあるショップ』です。

まず驚かされるのは、そのリーズナブルすぎる価格帯です。 リュックアイテムの平均価格帯は、\3,000~\5,000と、あのワールドがプロデュースするブランドが、こんな安価に揃えられちゃうなんて夢のようです。

そして、その商品ラインナップは、アパレル大手のワールドらしく、ファッションのコーディネートの一部のような、フェミニンのフォルムを大切にしつつ、機能性にもちゃんと優れており、学生さんや、新人OLさんの通勤リュックにぴったりです。

19. gregory(グレゴリー)

https://www.gregory.jp/

gregory(グレゴリー)は、1977年に米国サンディエゴ州で設立された、バックパック専門のバッグブランドです。

創業者のウェイングレゴリーが、ボーイスカウト出身だったことから、アウトドア製品の専門ブランドとして、大自然の中で、何日も戻ってこれない最中にあっても、背中に負荷がかからず、多くのアウトドアグッズを快適に運べるバックパックを製作し、彼の愛好家魂が込められた商品作りに、多くのアウトドア製品ファンが惹きつけられました。

また、本格アウトドア用に限らず、定番のデイパックは、軽量で1日分の荷物を入れる容量に丁度良く、日本人のデイリー活用にぴったりの大きさで、ロングラン同ブランドのヒット商品となっています。

20. anello(アネロ)

http://www.carrot-online.jp/fs/carrot/c/anello

anello(アネロ)は、2005年に大阪のバッグ製造会社キャロットカンパニーがプロデュースしたバッグブランドです。 同ブランドは、設立以来順調に国内のみに限らず、マレーシア、香港、タイなどアジア地域でも多数展開されており、海外ユーザーからの評価も上昇中です。

そのリーズナブルな価格帯と、斬新なデザイン性、機能性で各有名ファッション雑誌などメディアでも度々取り上げられました。

開発当初は学生さんや若年層がメインターゲットのように思われていたanelloアネロですが、 近年同ブランドのリュックアイテムが、マザーズバッグとしての需要が高まり、お子さんを持つ20代後半~30代の新人ママさん達のファンが増え、その人気はますます拡大しました。昨年2017年には、とうとう同ブランドの直営店舗が大阪心斎橋にオープンしました。更なる進化を遂げていくanelloアネロから目が離せません。

まとめ

レディースリュックの正しい選び方と、リュックの人気ブランド20選をご紹介いたしました。リュックとは、本来、大きな荷物を楽に運ぶための手段として考えられたバックには違いありませんが、これらトップブランドの情報をご覧いただくと分かりいただけますように、時代の流れとともに、デザインや、機能性、耐久性はかつてでは考えられないほど、飛躍的に選択肢が増えております。

現代では、 リュックは立派なファッションアイテムの一部であり、ご自分の普段のお洋服のコーディネートとうまくマッチする要素も加えて、ご自分に合った素敵な逸品を見つけてください。

この記事のライター

関連するキーワード


ブランド

関連する投稿


女性コンサバファッションブランド40選!20代・30代・40代・50代別

女性コンサバファッションブランド40選!20代・30代・40代・50代別

人気のあるコンサバファッション。女性のコンサバファッションにはどんなブランドがあるのでしょうか。どこで買ったらいいか迷っている人は、これから紹介するブランドを参考にお気に入りを探してみましょう♪20代・30代・40代・50代と年代別におすすめのブランドを紹介しています。


登山ブランドメーカーおすすめ人気ランキング57選!海外・日本・安いなど

登山ブランドメーカーおすすめ人気ランキング57選!海外・日本・安いなど

初めて登山をする方にとって、登山用品を集めるのにおすすめのブランドメーカーは知っておきたいですよね。この記事では人気の登山ブランドメーカーを紹介します。日本製から海外製、安い商品まで様々な種類がありますのでチェックしてみましょう。


レディースピアス人気ブランドおすすめ20選!20代30代40代向けなど

レディースピアス人気ブランドおすすめ20選!20代30代40代向けなど

レディース用のピアスを販売している人気ブランドはたくさんありますよね。おすすめのブランド20選を紹介します。ブランド毎に20代・30代・40代どの年代の方におすすめなのかも説明していますので、ピアス選びに役立ててください。


最新の投稿


女性コンサバファッションブランド40選!20代・30代・40代・50代別

女性コンサバファッションブランド40選!20代・30代・40代・50代別

人気のあるコンサバファッション。女性のコンサバファッションにはどんなブランドがあるのでしょうか。どこで買ったらいいか迷っている人は、これから紹介するブランドを参考にお気に入りを探してみましょう♪20代・30代・40代・50代と年代別におすすめのブランドを紹介しています。


アウターの名前と種類一覧22選!メンズ・レディースまとめ[画像付き]

アウターの名前と種類一覧22選!メンズ・レディースまとめ[画像付き]

アウターには、コート・ブルゾン・ジャケット・ダウンジャケットなど様々な種類がありますよね。どんな名前と種類のものがあるのか確認して、あなたの服装をもっとおしゃれにするのに役立ててください。メンズ・レディースどちらでも使えるアイテムを紹介しています。


ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

マリンスポーツのときに着る「ウェットスーツ」。ウェットスーツは長袖、半袖、足部分ありなし、など様々な種類があります。どんなときにどんなウェットスーツがおすすめなのか、選び方もご紹介します。サイズや素材生地も選ぶときには大切です。ぜひ参考にしてください。


徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

ダイビングに必要なウェットスーツ。高価なものなので、目的に合った良い品質の商品を選びたいですよね。今回は、ダイビングウェットスーツの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介します。あなたのウェットスーツ選びに役立ててください。


万年筆の使い方・持ち方・書き方のコツ23個を徹底解説!

万年筆の使い方・持ち方・書き方のコツ23個を徹底解説!

「万年筆を買ったけど、まだ初心者でどう使えばいいのか分からない…」。そんな方に向けて、万年筆の使い方・持ち方・書き方・お手入れ方法などを詳しく解説します。万年筆を長く使いこなしていくためにぜひチェックしてみて下さい。