SUPヨガとは?SUPヨガの3つの魅力とスポット10選

SUPヨガとは?SUPヨガの3つの魅力とスポット10選

SUP(スタンドアップパドル)では、ヨガも流行っています。海辺でSUPを浮かべて、その上でヨガを行います。そんなSUPヨガの魅力とおすすめスポットについて詳しく説明します。


この10年の間に、日本の特に女性の間ではヨガがすっかりメジャーなスポーツとなりました。体力や持久力がなくても、自分のペースに合わせてできるスポーツなので、性別や年齢にかかわらず、誰でも楽しめるのがその魅力。ホットヨガやパワーヨガなど、ヨガにもいろいろなバリエーションがありますが、スタジオに限らず公園やビーチなどで行うヨガは、いつもとまた違った気分でリフレッシュにも最適です。

その中から、今回は水の上で行うSUPヨガについてご紹介します。マリンスポーツやアウトドアに興味がある方必見です!

SUPヨガとは

SUPヨガというのは、その名の通りSUPとヨガを合わせたスポーツです。SUPというのはもともとハワイから世界へと広がったマリンスポーツ。SUP用の大きなサーフボードとパドルを使い、ボードの上に立って水面を進んでいきます。サーフィンのように、波の浮力を使ってボードの上に立つのではなく、ボードそのものの浮力で立つことができるので、初心者でもしっかり立ち上がることができます。

海だけではなく、湖や川でも使用できるため、SUPを他のスポーツやレジャーと組み合わせて遊ぶことも可能です。たとえば釣りやラフティングなどがその例で、SUPヨガもまさにこれにあたり、SUPの上で様々なヨガのポーズに挑戦するスポーツです。

四季や雨季がある日本では、一年中SUP安定した環境でSUPヨガに取り組めるように、プールでスクールを開催している場所などもあります。

海外でも大人気?SUPヨガの3つの魅力

では、具体的にSUPヨガの魅力をお伝えします。

1. 体幹を鍛えられる

SUP用の板は、サーフィンのロングボードよりも大きいものなので、波や水の流れが穏やかな場所であれば、簡単に立ち上がったり、胡坐をかいて座ったりすることができます。かといって、やはり陸上に比べると不安定なのは当然のこと。

SUPの上で落ちないようにまっすぐ立っていようと思うと、しっかりと踏ん張り、足の裏あたりからふくらはぎの筋肉にじわじわと力がかかっているのを感じます。人間の体がバランスをとるときには、足だけではなく体の中心部分を使用します。そのため、ただでさえSUPにのるだけでも体幹を刺激しています。

そのうえ、ヨガもまた体幹を意識しながらポーズを変化させていくスポーツです。不安定な水の上でヨガにチャレンジするよことにより、より一層体幹が鍛えられていきます。

2. 水辺の環境でリフレッシュ&リラックス

ヨガもSUPも初めて!という人でも気軽に楽しめるのがSUPヨガの魅力ではありますが、すでに日ごろの習い事として、スタジオやジムでヨガをやったことがある人にこそおすすめです。室外の環境でのヨガはとても開放感があり、体だけでなく心も十分にリフレッシュできます。

SUPを使って少し陸から離れると、ビーチヨガやパークヨガと違って周りにはなにもない、穏やかな水辺のみが広がっています。水辺の静けさや、一定間隔の波の音が集中力を研ぎ澄ませてくれて、心や体はリラックス、頭はスッキリとした爽快感を感じられます。

3. 泳ぎが苦手な人でも大丈夫!

泳ぐことは苦手だけれど、海は好きでマリンスポーツにも憧れる…そんな人は意外に少なくありません。確かにSUPを使えば水深が深い沖までぐんぐん進んでいくことができますが、SUPは基本的に水面より上で楽しむものなので、あまり深さは関係ありません。

不安定なSUPの上で水に落ちてしまうこともありますが、泳ぎが苦手な人は水に落ちても足がつく浅い場所で行うのでも十分です。ヨガもSUPも本格的にやるというよりは、どちらもちょっとずつ興味はある、という人なら、間違いなく楽しんでいただけるはずです。

SUPヨガができるおすすめスポット10選

では、どこでSUPヨガを体験できるのでしょうか?特にアウトドアでのレジャーやスポーツは、思い立ったときに始めるのが吉。それを逃すと「やりたいとは思っていたけれど…」と、やらず終まいになってしまいがちです。実際にSUPヨガにチャレンジできる場所をピックアップしました。

1. サーフスポットとしても有名な九十九里

サーフスポットとして一年中サーファーでにぎわっている九十九里浜では、一年間を通して毎週SUPヨガのスクールが開催されています。サーフィンのインストラクターやヨガのインストラクターなど、しっかりと資格を持っている人が教えてくれるので、サーフィンもヨガもどちらも初心者でも安心です。

2. 茅ヶ崎のビーチでSUPヨガ

神奈川は湘南にある茅ヶ崎の海岸では、週末になるとビーチヨガなどが開催されていて、SUPヨガのレッスンも受けることができます。夏場に限らず通年SUPヨガレッスンが開催されていて、比較的ひとりで参加している女性が多いのも特徴です。今年こそ新しいことを始めたいけれど、ひとりだからと不安を抱えている女性は、ぜひ茅ヶ崎でチャレンジしてみてください。東京の都心からも、新橋や品川から東海道本線で乗り換えせずに行かれるアクセスの良さも嬉しいポイントです。

3. 東京で手軽に始めたいなら、プールでのSUPヨガ

都内に住んでいて、より手軽にSUPヨガを始めたいと思っている方や、一度体験してみておもしろかったから、さらに頻繁に通いたいと思う人は、海にこだわらずプールでSUPヨガをするのはいかがでしょうか?フィットネスクラブのジェクサーでは、都内にある3店舗のプールを使用して、SUPヨガのスクールを行っています。ジムでのワークアウトの一環として取り入れてみてください。

4. 日本で4番目に大きな湖、猪苗代湖

ウォータースポーツには憧れがあっても、潮や砂でべたべたするので海は苦手、という人の声をしばしば耳にします。そんな人には、湖でのウォータースポーツがおすすめ。福島県猪苗代湖は磐梯山にも隣接していて、雄大な自然を感じられる中でのSUPヨガは圧巻のスケールです。SUPだけでなく、BBQなどの企画もあります。キャンプ場もあるので、家族でのキャンプの際にみんなで体験するのもGood!

5. 三浦半島でヨガ三昧

神奈川県の三浦半島の中でも、マグロで有名な三崎にある「三浦海の学校」では、SUPとヨガを思う存分楽しめるツアーが開かれています。SUPでのクルージングやSUPヨガ、夕方や早朝に美しい景色の中でのビーチヨガなど、1泊2日のツアーでは、思う存分SUPとヨガの楽しさを知ることができます。週末や短いお休みでも、普段の疲れをひきずらず、すっきりと気分転換したい!と思う人は、参加してみてはいかがでしょうか。

ついでに三崎の港で海産物など、おいしいものを心行くまで食べれば、身も心も大満足できるに違いありません。

6. 日本最大の湖、琵琶湖

アウトドアスポットとしても有名な、日本で最大面積を誇る琵琶湖でも、毎週日曜日にSUPヨガのレッスンを受けられます。半日コースや3回コースなど、それぞれのニーズに合わせたプランがあるので、まずは少しだけやってみたい、という人でも気軽に始められます。朝、午前、午後、夕方、と、スタートの時間も4回もあるので、他のレジャーとも時間を調整しやすいのではないでしょうか。開講期間は4月から11月。冬の間はお休みしているので注意が必要です。

7. 東京のど真ん中、お台場でもレッスンが!

海や湖など、あまり遠くのスポットに行くにはどうしても一日がかりになってしまいます。しかし、実は遠くに行かなくても、東京のど真ん中でもSUPヨガを楽しむことができます。以前はSUPが禁止されていたお台場でも、2014年にSUPが解禁に。それに合わせて、お台場でも様々なSUPアクティビティが行われるようになりました。SUPヨガのレッスンも、一週間前までの予約制で受講可能です。また、定期的にSUPフェスティバルや、SUPヨガのイベントなども開催されているので、インターネットなどで調べてみてください。

8. 長期休暇なら思い切って沖縄へ

長期休暇がとれて、海辺でゆっくりと過ごす時間があるのならば、日本のバケーションリゾート、沖縄がおすすめです。沖縄の海はとても穏やかなので、SUPには最適の環境です。どこまでも広く続く、沖縄特有の美しい海の上でのSUPヨガは、なんだか神秘的な気持ちにすらさせてくれます。一年中暖かいのでいつでも海に入れると思われがちな沖縄ですが、冬場はスクールを開講していないことも多いので、事前にしっかり確認するのを忘れないでくださいね。

9. 岐阜県長良川の静かな環境でSUPヨガ

海や湖と同様に、川でもSUPヨガのスクールを開催している場所があります。岐阜県にある、日本屈指の清流長良川では、夏の期間にSUPヨガのスクールが開かれています。開催期間は短いですが、夏だからこその貴重な体験です。長良川は鵜飼や温泉など、ほかにも魅力的な観光スポットがたくさんあるので、夏休みの思い出作りのひとつとして、検討してみてはいかがでしょうか。

10. 江戸川区で、会社の前にSUPヨガ

最後にご紹介するのは、江戸川区です。「Outdoor Sports Club ZAC」では、江戸川区と江東区をまたがる、旧中川で平日の朝にSUPレッスンを行っています。7時からのレッスンは約1時間で終了するので、そのまま仕事に行くことも可能。2か月間有効な回数券などもあり、レジャーとしてだけではなく、日ごろのエクササイズの一環としてSUPを日常に取り入れることができそうです。回数券はカヤックフィットネスにも使用できるので、SUPだけでなくいろいろ試してみたい人にもおすすめです。

まとめ

遠くに行かなくても、都心やプールでも十分に遊べるのがSUPヨガ。キャンプのついで、海でのレジャーなど、それぞれの目的地や状況にあわせて、いろいろなスポットを選ぶことができます。とにかく水辺の近くに旅行に行く際は、近隣でSUPヨガのスクールがないか調べてみてもいいかもしれませんね。

ほとんどの場合、水着やタオルさえ持っていけば、SUPの道具一式はレッスン料に含まれていて、レンタルできるようになっています。持ち物や金額はスクールによっても違うので、必ず事前に電話やメールで確認してみてください。

この記事のライター

関連するキーワード


SUP マリンスポーツ

関連する投稿


ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

マリンスポーツのときに着る「ウェットスーツ」。ウェットスーツは長袖、半袖、足部分ありなし、など様々な種類があります。どんなときにどんなウェットスーツがおすすめなのか、選び方もご紹介します。サイズや素材生地も選ぶときには大切です。ぜひ参考にしてください。


徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

ダイビングに必要なウェットスーツ。高価なものなので、目的に合った良い品質の商品を選びたいですよね。今回は、ダイビングウェットスーツの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介します。あなたのウェットスーツ選びに役立ててください。


スキューバダイビングライセンス資格の種類5つを徹底解説!違いや費用など

スキューバダイビングライセンス資格の種類5つを徹底解説!違いや費用など

人気の高いマリンスポーツといえば、スキューバダイビング。スキューバダイビングをするにはライセンス資格が必要ですが、いくつかの種類があります。資格の種類を違いや費用なども含めて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。


SUPの波乗り方法が分かる!初心者が乗れるようになるコツ5つ

SUPの波乗り方法が分かる!初心者が乗れるようになるコツ5つ

SUPをサーフィンのように楽しむこともできます。サーフィンと同じく、最初はなかなか思うように波に乗れない人も多いですが、練習すればだんだんと乗れるようになります。初心者が波乗りできるようになる方法とコツを説明していきます。


SUPのときにおすすめのライフジャケット16選

SUPのときにおすすめのライフジャケット16選

SUPをこれから始める人、始めたばかりの初心者の人が着用しておきたい装備の1つがライフジャケットです。海ではより安全を考えてライフジャケットを着るのが安心です。ではどんなライフジャケットがおすすめなのか紹介していきます。


最新の投稿


女性コンサバファッションブランド40選!20代・30代・40代・50代別

女性コンサバファッションブランド40選!20代・30代・40代・50代別

人気のあるコンサバファッション。女性のコンサバファッションにはどんなブランドがあるのでしょうか。どこで買ったらいいか迷っている人は、これから紹介するブランドを参考にお気に入りを探してみましょう♪20代・30代・40代・50代と年代別におすすめのブランドを紹介しています。


アウターの名前と種類一覧22選!メンズ・レディースまとめ[画像付き]

アウターの名前と種類一覧22選!メンズ・レディースまとめ[画像付き]

アウターには、コート・ブルゾン・ジャケット・ダウンジャケットなど様々な種類がありますよね。どんな名前と種類のものがあるのか確認して、あなたの服装をもっとおしゃれにするのに役立ててください。メンズ・レディースどちらでも使えるアイテムを紹介しています。


ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

マリンスポーツのときに着る「ウェットスーツ」。ウェットスーツは長袖、半袖、足部分ありなし、など様々な種類があります。どんなときにどんなウェットスーツがおすすめなのか、選び方もご紹介します。サイズや素材生地も選ぶときには大切です。ぜひ参考にしてください。


徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

ダイビングに必要なウェットスーツ。高価なものなので、目的に合った良い品質の商品を選びたいですよね。今回は、ダイビングウェットスーツの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介します。あなたのウェットスーツ選びに役立ててください。


万年筆の使い方・持ち方・書き方のコツ23個を徹底解説!

万年筆の使い方・持ち方・書き方のコツ23個を徹底解説!

「万年筆を買ったけど、まだ初心者でどう使えばいいのか分からない…」。そんな方に向けて、万年筆の使い方・持ち方・書き方・お手入れ方法などを詳しく解説します。万年筆を長く使いこなしていくためにぜひチェックしてみて下さい。