SUPフィッシングの魅力と装備・道具・グッズ15選

SUPフィッシングの魅力と装備・道具・グッズ15選

SUPは、フィッシングも楽しむことができます。SUPがあれば気軽に沖釣りもできます。SUPフィッシングの魅力と、必要な装備・道具・グッズなどもご紹介します。ぜひSUPフィッシングにもトライしてみましょう。


キャンプやアウトドアの際に、のんびりとフィッシングを楽しむ人は少なくありません。普段はそんなに釣りをしない人でも、壮大な自然に囲まれて、静寂の中で行うフィッシングは一味違った醍醐味があります。そんな人たちに注目されている、新しいフィッシングのスタイルがSUPフィッシング。

大自然を優雅に楽しむSUPフィッシングについて、その魅力や始めるための基本の情報をお届けします。

SUPフィッシングとは

SUPフィッシングというのは、SUPというレジャースポーツとフィッシングを合わせた新しいフィッシングのスタイルです。そもそも、SUPというのはどんなものでしょう。

海や湖で、大きなサーフボードのようなものに立って、カヌーのようにパドルで漕いで進んで行く人を見たことはありませんか?あれがSUPというものです。SUPは「スタンドアップパドル」の略称です。3m以上の大きさの板を使用するため浮力が大きく、初心者でもボードに立つことができるので、誰でも比較的簡単にチャレンジできるのが特徴です。そのほかにも、色々な楽しみ方ができるというのもSUPの大きな魅力のひとつ。シンプルにボードの上に立って、水の上をパドルで漕いで進むだけでも、壮大な自然を堪能できてとても気持ちが良いものです。

こうしたクルージングは、波のない穏やかな状態で行うため、海だけでなく湖や川など、遊べる場所がたくさんあります。また、波がある環境を利用して、サーフィンのようにウェーブライディングを楽しむ遊び方や、スピードを競ってクルージングするレースなどもあるので、上達とともにたくさんの楽しみが広がっています。

SUPの特徴のひとつは、SUPのボードの大きさによる浮力を利用して、ライディングだけでなく様々なレジャーと合わせた楽しみ方ができる点です。

SUPフィッシングというのも、まさにそのひとつ。SUPにクーラーボックスやフィッシングの道具を積んで沖に出ることで、手軽に沖釣りが楽しめます。アウトドアの際に、フィッシングを定番のレジャーとしていた人も、沖釣りによってフィッシングの楽しみがさらに広がります。沖でのフィッシングに興味はあるけれど、ボートに乗るほどではない、という方や、岸は混んでいるし岸でのフィッシングには飽きてしまった、という人は、ぜひSUPフィッシングに挑戦してみてください。

SUPフィッシングの魅力3つ

では、通常のフィッシングと違い、SUPフィッシングだからこそ楽しめるSUPフィッシングの魅力を具体的にご紹介します。

①SUPと釣りの良いとこどり!

SUPフィッシングの楽しさの秘訣は、まずはやっぱりSUPも釣りも両方楽しめるところです。せっかく海や湖に来たのだから、ウォーターレジャーをあますところなく楽しみたい、と考えているのであれば、SUPフィッシングがオススメです。フィッシングのためにどのポイントまで沖に出よう、とプランを立てることで目的を持ってSUPでのクルージングができ、クルージング先のポイントでもフィッシングでまた別の楽しみが得られます。

②手軽に沖釣りを満喫できる

もともと、どちらかというと釣りには興味はあるけれど、ウォータースポーツはそれほどでもない、と考えている方でもその魅力にハマりやすいのがSUPフィッシングの特徴です。その理由は、もちろんSUPでの移動の気持ち良さもありますが、手軽に沖でのフィッシングが可能になるという点が大きいでしょう。いつも釣りをしている岸辺では釣り人で混雑していたり、同じような魚ばっかり釣れるので飽きてしまったという人でも、船やボートを出さずに沖に出て、空いているポイントで岸辺とは違った魚を狙うことも可能です。大きな装備もいらず、クーラーボックスやフィッシングの道具をSUPに積んでいくだけという手軽さも嬉しいですね。

③初心者でもOK

すでにご紹介した通り、SUPというのはウォーターレジャーの中でも、十分な浮力を利用して誰でもすぐにボードに立ってクルージングを始めることができます。そのため、女性やお子様を始めとして、初心者でもしっかり楽しめるレジャーです。いつもは一緒にフィッシングに行かないような相手でも、SUPフィッシングであれば挑戦しやすいため、ご家族やお友達とワイワイ楽しみたい、という方にもぴったりです。沖釣りには興味があるけれど、一人では沖に出る手段もない、という方のように、一人で始めてみたいと思っている方のために、SUPやSUPフィッシングのスクールを開催しているところもあります。湖や海といったSUPができる環境の近くのサーフショップやSUPのショップで開催されていることが多いので、興味がある方はぜひ調べてみてください。

SUPフィッシングの装備・道具・グッズ15選

これからSUPフィッシングを始めてみたい、と思った方のために、SUPフィッシングに必要な装備や道具などをご紹介させていただきます。これさえ読めば、SUPフィッシングのスタートに困ることはありません!

1. SUPボード

まずは当然、SUPボードが必要です。もちろん普通のSUP用のボードでも良いのですが、SUPフィッシング用にリールが固定できたり、クーラーボックスが起きやすくなっていたりするボードもあります。とにかくフィッシングがしやすいSUPボードを探している、という方は、SUPフィッシング専用のボードを購入することを検討してみてください。また、初心者の場合は長さや幅があり、厚みがあるボードの方が浮力があり安定しています。レンタルでボードを借りる際には、初心者であることを伝えて使いやすいボードを教えてもらってください。

AQUA MARINA インフレータブル スタンドアップパドルボード

2. パドル

パドルに関しても、重さや素材など実は色々と種類があります。やはりこれも、初心者であることを伝えて、使いやすいものを選んでもらうと良いでしょう。比較的軽くて丈夫なものであれば、沖のフィッシングポイントに出ても手が疲れてしまう心配もありません。また、SUP用パドルに比べてカヤック用のパドルの方が大きめで推進力があるので、フィッシングのときにはカヤック用のパドルも積んでいくととても重宝します。

airSUP カーボン・2ピース・パドル

3. クーラーボックス

キャッチアンドリリースのフィッシングだけが楽しめれば良い、という場合は必要ありませんが、せっかく沖に出てフィッシングをするのであれば、小さくても良いのでクーラーボックスを積んでいきましょう。クーラーボックスを積む際には、ボードの上ですべったりずれたりしてしまわないか、もしそうであれば、固定のためのロープなどは必要ないか、ということを事前に確認しておきましょう。万が一水に落ちてしまったときのために、あまり高級なものではなく、ウレタン製の軽いものなどを選ぶと水にも浮くので便利です。

ダイワ クーラーボックス クールライン S-X

4. タモ網

普通の沖釣りとは違い、SUPフィッシングだからこその道具の選び方、というのがいくつかあります。たとえば、SUPのボードの上という狭い場所でフィッシングをするので、タモ網は短めで取り回しがしやすく、ラバーグリップなどになっていて滑りにくい工夫がしてあるとベストです。とにかく柄が短いことをポイントに選ぶようにしてください。

5. ロッドスタンド

先にご紹介したように、ボードに取り付けられるタイプのロッドスタンドや、クーラーボックスに取り付けることができるタイプなど、いくつか種類があるので色々と見比べてみてください。フィッシング用のボードだと、あらかじめ2箇所装着できるタイプなどもあります。

6. ペンチ

初心者のうちは、いくら浮力があるといっても、水に浮かぶボードの上でフィッシングの準備をするのはやはり不安定さを感じることもあります。ボードの上で簡単に魚の針をはずすためには、そのためのペンチを用意しておくと安心です。

7. フィッシュグリップ

特に初心者の場合は、魚を上手にさわれなかったり、針を外す際に怪我をしてしまうこともあるので、ペンチの他にフィッシュグリップも持っていくことをオススメします。とはいえ、初心者のうちはついつい手を滑らせてしまったり、自身がボードから落ちてしまったりして道具を水中に落としてしまうことがあります。ペンチやフィッシュグリップは手頃なお値段のもので、かつ使いやすいものが一番です。沖に出る前に何度か使用してみて、手になじませておくのも重要です。

8. シーアンカー

SUPでの沖釣りならではの不便な点があるとすれば、ボードが風に流されてしまうことがあるので、その度にボードを操縦してポイントに戻らなければならないことです。アンカーがあればだいぶ楽になりますが、重りタイプのアンカーだと根掛かりの心配があったり、かといってパラシュートタイプだとそこまでしっかり固定ができなかったり、と使い勝手が変わってくるので、いくつか使ってみて自分にあったものを選びましょう。

9. リール

海でSUPフィッシングをする予定があれば、リールは塩水をかぶっても使いやすい、ソルトウォーター用のものを用意するのがベターです。初心者のうちはリールも水に落としてしまったりする可能性があるので、なくしてしまうことなども懸念して、安価なものをいくつか用意しておけば安心ですね。普段使っている愛着のあるものや高級なものは、慣れるまでは避けておいた方が良いかもしれません。

10. 仕掛けやルアー

SUPフィッシングでは、ナチュラルなカラーのルアーと別に、水が濁っていたり天候が曇っていたりしてもみやすいように、目立つカラーのルアーを用意しておくと良いでしょう。岸での釣りに比べて大型の魚を狙うことも可能なので、飛距離が出せて針が大きめのルアーを使用するのもオススメです。もちろん、狙いたい魚が決まっている場合には、それに合わせた仕掛けを用意してください。

11. ラッシュガード

季節問わず、岸釣りに比べて遮るものがないのがSUPフィッシングの特徴でもあります。釣りの道具、と考えているとついつい忘れてしまいがちですが、長時間ボードの上で太陽の光を浴びることを考えると、ラッシュガードを着て日焼け対策をするのはとても大切なこと。また、風が吹いてもある程度寒さをしのげるので、ラッシュガードや、ラッシュガードタイプのパーカーを着ていくようにしてください。

12. フローティングベスト

特に初心者のうちは、風が吹いたり気を抜いたりしたときに、ふと水中に落ちてしまうことがあります。水面からボードに上がり、ということを何度か繰り返していると、思ったよりも体力を消耗するものです。このとき助けになるのがフローティングベストです。また、お子様と一緒にSUPフィッシングを楽しみたい方などは、安全性のためにも必ずフローティングベストを用意しましょう。

13. 防水性ウエストバッグ

忘れてはいけないのが、防水性のウエストバッグです。もちろんボードが広いので色々な道具はボードの上に置いておくことができますが、ルアーなどの仕掛けやフィッシング用の小物は防水性のバッグに入れて身につけておけば、水に落ちたときにも紛失の心配が少なくなります。また、さらに防水の袋などに入れて携帯電話や小銭などを入れておくこともできるのもメリットのひとつです。

14. ストリンガー

必須、というわけではありませんが、せっかく釣った大きな魚を生きたまま岸まで持ち帰るには、ストリンガーがあると便利です。クーラーボックスを積んでいても、大きな魚を入れてしまうとすぐにいっぱいになってしまいます。岸での釣りに比べて、大型の魚が狙いやすいのがSUPフィッシングの魅力でもあるので、せっかくならストリンガーを持って行って、ぜひ大型の獲物を狙ってみてください。

15. 日焼け止めや帽子、サングラスなどの日焼け対策

その他、日焼け対策のために帽子やサングラス、日焼け止めなどを持っていくようにしましょう。帽子やサングラスは、ウォータースポーツ向けのフィット感のあるものや防水性のものを選ぶと水に濡れても使い心地がよいのでオススメです。しっかり岸で日焼け止めを塗っても、長時間ボードの上にいるうちに効果が弱くなってしまうこともあるので、バッグに入れて沖まで持っていき、定期的に塗り直したほうが良いでしょう。

まとめ

SUPフィッシングの特徴や、必要な道具などを詳しくご説明しました。SUPフィッシングがどのようなものか、ある程度具体的にイメージできるようになったのではないでしょうか?キャンプやアウトドアのついでに、いつもとは違ったウォータースポーツを取り入れることで、ぐっと楽しみ方を広げることができます。たくさんの人を虜にしているSUPフィッシング、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね!

この記事のライター

関連するキーワード


マリンスポーツ SUP

関連する投稿


ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

マリンスポーツのときに着る「ウェットスーツ」。ウェットスーツは長袖、半袖、足部分ありなし、など様々な種類があります。どんなときにどんなウェットスーツがおすすめなのか、選び方もご紹介します。サイズや素材生地も選ぶときには大切です。ぜひ参考にしてください。


徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

ダイビングに必要なウェットスーツ。高価なものなので、目的に合った良い品質の商品を選びたいですよね。今回は、ダイビングウェットスーツの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介します。あなたのウェットスーツ選びに役立ててください。


スキューバダイビングライセンス資格の種類5つを徹底解説!違いや費用など

スキューバダイビングライセンス資格の種類5つを徹底解説!違いや費用など

人気の高いマリンスポーツといえば、スキューバダイビング。スキューバダイビングをするにはライセンス資格が必要ですが、いくつかの種類があります。資格の種類を違いや費用なども含めて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。


SUPの波乗り方法が分かる!初心者が乗れるようになるコツ5つ

SUPの波乗り方法が分かる!初心者が乗れるようになるコツ5つ

SUPをサーフィンのように楽しむこともできます。サーフィンと同じく、最初はなかなか思うように波に乗れない人も多いですが、練習すればだんだんと乗れるようになります。初心者が波乗りできるようになる方法とコツを説明していきます。


SUPのときにおすすめのライフジャケット16選

SUPのときにおすすめのライフジャケット16選

SUPをこれから始める人、始めたばかりの初心者の人が着用しておきたい装備の1つがライフジャケットです。海ではより安全を考えてライフジャケットを着るのが安心です。ではどんなライフジャケットがおすすめなのか紹介していきます。


最新の投稿


女性コンサバファッションブランド40選!20代・30代・40代・50代別

女性コンサバファッションブランド40選!20代・30代・40代・50代別

人気のあるコンサバファッション。女性のコンサバファッションにはどんなブランドがあるのでしょうか。どこで買ったらいいか迷っている人は、これから紹介するブランドを参考にお気に入りを探してみましょう♪20代・30代・40代・50代と年代別におすすめのブランドを紹介しています。


アウターの名前と種類一覧22選!メンズ・レディースまとめ[画像付き]

アウターの名前と種類一覧22選!メンズ・レディースまとめ[画像付き]

アウターには、コート・ブルゾン・ジャケット・ダウンジャケットなど様々な種類がありますよね。どんな名前と種類のものがあるのか確認して、あなたの服装をもっとおしゃれにするのに役立ててください。メンズ・レディースどちらでも使えるアイテムを紹介しています。


ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

ウェットスーツの種類と選び方のポイント7つ!サイズや素材生地など

マリンスポーツのときに着る「ウェットスーツ」。ウェットスーツは長袖、半袖、足部分ありなし、など様々な種類があります。どんなときにどんなウェットスーツがおすすめなのか、選び方もご紹介します。サイズや素材生地も選ぶときには大切です。ぜひ参考にしてください。


徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

徹底比較!ダイビングウェットスーツのおすすめ人気ランキングTOP20

ダイビングに必要なウェットスーツ。高価なものなので、目的に合った良い品質の商品を選びたいですよね。今回は、ダイビングウェットスーツの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介します。あなたのウェットスーツ選びに役立ててください。


万年筆の使い方・持ち方・書き方のコツ23個を徹底解説!

万年筆の使い方・持ち方・書き方のコツ23個を徹底解説!

「万年筆を買ったけど、まだ初心者でどう使えばいいのか分からない…」。そんな方に向けて、万年筆の使い方・持ち方・書き方・お手入れ方法などを詳しく解説します。万年筆を長く使いこなしていくためにぜひチェックしてみて下さい。